代々受け継がれた技術と商品開発能力により、長年メイドインジャパンのスーツケースの誇りを守り続けてきたサンコー鞄。

そんなサンコー鞄には、代表作となるスーツケースや、フラッグシップモデルとなるスーツケースが無いという声を耳にすることがある。しかしそれはサンコー鞄の真の素晴らしさを知らないだけ、本当にサンコー鞄のスーツケースを使ってみてから口にしてほしいものである。

さて、では筆者の考えるサンコー鞄の最高傑作とも言えるスーツケースはどのモデルなのか?

私が考えるサンコー鞄のマスターピース、それはスーパーライトMG EX プレミアムで間違いない。

最近スーツケースの市場で注目を浴びた商品と言えば、リモワのトパーズが記憶に新しい。トパーズの魅力は何といってもスーツケースとしての堅牢性、要するに衝撃に強く、セキュリティ面でも安心ということである。

では反対にリモワのトパーズの欠点を挙げるなら、これはおそらく10人に聞けば10人が「重い」と答えるであろう。そう、トパーズは重い。あれだけ重いのだから、堅牢性が抜きに出ているのも当然と言えば当然なのだ。

海外旅行先でスーツケースを持っての移動が多くなるので、堅牢性と軽量性のバランスが取れたスーツケースが欲しい、そのように考えている人もきっと少なくはないはずだ。そこで、堅牢性と軽量性のバランスが絶妙とも言えるスーツケース、サンコー鞄のスーパーライトMG EX プレミアムの登場である。

サンコー鞄のスーパーライトMG EX プレミアムは、リモワのトパーズと同じく典型的なフレーム型のスーツケースである。にも関わらず、軽い。はっきり言って、筆者の感覚ではなぜサンコー鞄のスーパーライトMG EX プレミアムよりも、リモワのトパーズの方がもてはやされるのか、理解に苦しむ。

それはおそらくリモワのデザインが良いということなのであろうが、スーツケースに求めるのはデザインなのか?機能性なのかという話である。スーツケースに求めるのは、海外旅行の負担や疲れを少しでも軽くしてくれる機能性、そういう現実タイプのあなたには、ぜひともサンコー鞄のスーパーライトMG EX プレミアムの軽さと堅さを体感してほしい。