スーツケースをレンタルするときに、とても大切なのが、スーツケースのサイズ。特に、機内持ち込みを考えている場合は、その機内にちゃんと対応しているのか?要チェックです。

 

《国際線》

基本的には、三辺合計が115cm以内であれば問題ありません。

国内線の場合は、高さ何㎝、横幅何㎝、奥行き何㎝という3辺に対して、それぞれにサイズが定められています。国内線基準はそれぞれの航空会社によって違いますが、国内線基準で選んだ方が無難だと思います。

 

《100席以下の機体》

また、100席以下小さな機体に乗る場合も注意が必要です。機体自体が小さいため、手荷物で多く場所が取れないという事情があるのでしょう。

高さ:45cm以内
横幅:35cm以内
奥行き:20cm以内
三辺合計:100cm以内

島を移動する小さな機体に乗り込むときなど、意外と遭遇するシーンはあるので、旅程を見ながら要チェックです。

ちなみに、私は普通の機内持ち込みのスーツケースレンタルをしていましたが、ANAで高知から関空に行く便で、機体が小さいために、荷物を預けるように言われました。

 

《LCCの場合》

ただ、これがLCCになると機内持ち込みできるサイズの規定がかなり厳しくなります。

通常「機内持ち込み対応サイズ」と書かれていても、LCCの細かい規定に対応しているものは意外と少なかったりします。

 

《ジェットスター》

高さ:56cm以内
横幅:36cm以内
奥行き:23cm以内
三辺合計:115cm以内
手荷物合計:7kg以内

 

《ピーチ》

高さ:50cm以内
横幅:40cm以内
奥行き:25cm以内
三辺合計:115cm以内
手荷物合計:10kg以内

 

《バニラエア》

高さ:55cm以内
横幅:40cm以内
奥行き:25cm以内
三辺合計:115cm以内
手荷物合計:7kg以下

 

《春秋航空》

高さ:56cm以内
横幅:36cm以内
奥行き:23cm以内
三辺合計:115cm以内
手荷物合計:5kg以内

 

三辺の合計だけを注目するとどこも115㎝だから大丈夫だと思ってしまいがちですが、大切なのは、三辺それぞれが規定内に収まることです。

規定外のサイズの場合は、飛行機に預けなければならないこともあります。そうすれば、他に預けている荷物がある場合はいいですが、荷物受け取りの時間短縮を図りたい方には、面倒かもしれませんね。

また、LCCであれば追加で料金がかかることもあります。機内持ち込み可スーツケースレンタルをする場合は、サイズ確認が必要なので、必ずチェックをするようにしましょう!