スーツケースとキャリーケースは一体何が違うんでしょうか?

結論から言うと、スーツケースもキャリーケースも今は同じ意味で使われているようです。

ただ、元々の意味として、スーツケースは、スーツを仕舞える機能がついたもののことを言うようです。

余談ですが、スーツケースの誕生と言われているのが、なんとかの有名な「ルイヴィトン」の木箱。「ルイヴィトン」の木箱は、ドレスを運ぶための木箱として作られてきたようですが、それがトランクと呼ばれるようになり進化して今の形に進化してきたと言われています。

スーツケースで有名な「リモワ」
「リモワ」は最初にスーツ専用のトランクを作ったと言われています。言い方を変えれば、トランクからスーツケースと呼ばれるようになった最初の形を作ったのが、「リモワ」と言えるかもしれません。

それをもっと持ちやすいように手持ちの鞄として改良したのが「サムソナイト」と言われています。

スーツケースレンタルをするとき、やっぱり「リモワ」や「サムソナイト」がかっこいいし選んでしまうのですが、それだけの歴史があったんですね。

キャリーケースは、その名のとおり、「荷物のケース=荷物を運ぶためのケース」ということです。

キャリーケースとスーツケースの本来の違いは、スーツケースは、スーツなど洋服を運ぶことに特化してたところに対して、キャリーケースは、荷物全般。元々は、見た目で言うとキャスターがついた鞄のことをキャリーケースだと言われていたと考えてもいいのではないでしょうか?

そんなイメージの派生からか、スーツケースはビジネスのイメージがあるものがスーツケースで、例えば女性が荷物を運ぶためにコロコロさせているものがキャリーケースといったような使い分けがあるようにも思います。

ただ、今は、スーツケースと調べても、キャリーケースとしらべても、どちらも同じものが出てきます。

つまり、スーツケースをレンタルするときに、スーツケースを探しても、キャリーケースを探してもどちらも同じ結果になるということですね!

ただ旅行で使うようなリモワのハードケースのようなものは、メーカーでも「スーツケース」と表記しているものが多かったので、「スーツケース」と覚えてもいいかもしれませんね。

スーツケースのレンタルに役立ちましたか?

スーツケースもキャリーケースも、旅行を軽やかに楽しく便利にする大切なアイテム。でも、今はレンタルの時代。

スーツケースをレンタルして、安くて安心のスーツケースレンタルしましょう。