スーツケースを購入しようと思うと、用途を考えて、容量や、色、形など色々と選ばなくてはなりませんよね。

とりあえず一つスーツケースがいつでも使えるように持っていたいと思って購入にあたる人や、仕事でスーツケースが必要な方にオススメしたいのが、サンコー鞄のスーツケース「finoxy-s」です。

老舗のサンコー鞄が出しているスーツケース「finoxy-s」はソフトケースになっていて気軽に使いやすいタイプ。

スーツケースのソフトケースとハードケースでは、やっぱりハードケースでしょうという人が多いかもしれません。私も以前はそうでした。

でも、ハードケースのスーツケースって、本当の旅行の時にしか出番がなかったり、ちょっと本気感が出たりするんですよね。

気軽に持てるスーツケースは、ソフトケースだと思いますし、使い道にも広くて、軽いというのが特徴です。今のソフトケースは優秀なものが多いので、一度使うと便利さがよくわかると思います。

サンコー鞄のスーツケース「finoxy-s」は特に使い手にとって、細かい気遣いが施されている一品です。

 

「finoxy-s」の静音キャスター

スーツケースを持つと気になるのがどうしても「音」ではないでしょうか?

スーツケースを動かすたびにゴロゴロゴロゴロと音がして、空港では当たり前でも街に出るとちょっと視線が気になったりすることがあります。視線が向いてなくても、自分が引いているスーツケースの音がうるさいと「うるさいだろうな…」と気になったりするものですよね?

サンコー鞄のスーツケース「finoxy-s」は、そんなスーツケースのキャスター音を抑えることに成功!
キャスター部分異素材のゴムを組み合わせて作ることで、音の軽減だけでなく、振動や衝撃も吸収し、キャスターの耐久性も向上させました。

高反発素材と衝撃吸収素材をドッキングしたので、地面の凸凹にから受ける衝撃を吸収して反発させるため、スーツケースの走行が楽にできるようにもなりました。

サンコー鞄のスーツケース「finoxy-s」がすごいのは、キャスターだけではありません。

 

サンコー鞄のスーツケース「finoxy-s」は縦開き構造を採用

スーツケースを立てたままでものを取ることができるのです。

スーツケースの荷詰めって本当に面倒で、開けなくても済むように、いるものといらないものの選別がとても大切になってきます。

女性であれば、化粧ポーチをスーツケースの中に入れてしまったけど、少しお化粧直しをしたくなるときがありますよね?

そんな時、諦めるか?それとも、スーツケースの荷物を路上で広げるか?という選択を迫られてしまいます。

男性であっても同じようなシチュエーションはあるでしょう。スーツケースを開けているのって本当に目立つので恥ずかしいものです。

これが縦開きなるだけで、スマートに物の出し入れができるようになるのです。

サンコー鞄のスーツケース「finoxy-s」の縦開きは、意外と便利すぎて離れられなくなるかもしれませんね。

そういう意味で、誰が使っても、どこに持っていっても、浮くことがないスーツケース。サンコー鞄の「finoxy-s」は、誰が持っても便利なスーツケースだと思います。