日本のメーカーで世界トップクラスの軽さを実現したスーツケース「極軽」は、日本が誇る老舗の鞄メーカー、サンコー鞄が作りました。正式名称は、サンコー鞄のSUPER LIGHTS MGC「極軽」です。

サンコー鞄は、もともと技術革新に優れたが鞄メーカーで、スーツケースも日本でかなり古いメーカーの一つです。

今は普通になっている「キャスター」や、持ち手の長さを変えられるハンドル「キャリーバー」をつけたのもサンコー鞄だと言われています。

そのサンコー鞄のSUPER LIGHTS MGC「極軽」がどんなものなのか?少しご紹介いたします。

サンコー鞄のスーツケースSUPER LIGHTS MGC「極軽」は、世界トップクラスの軽さだと言われています。

その軽さは、丈夫さと軽さを両立させれるギリギリの軽さと言われています。

軽量金属マグネシウム96%をフレーム、つまりボディに使用しました。

このマグネシウムとは、マグネシウム合金のことで航空機の部品や、スペースシャトル、レーシングカー、競技用の自転車、車のホイールや、エンジンのパーツ、パソコンやスマートフォンでも使われるものです。どれも軽くて丈夫でなくてはいけないものばかりにマグネシウム合金は使われているのですね。

そのマグネシウム合金を使った軽くて丈夫なスーツケースが、サンコー鞄のSUPER LIGHTS MGC「極軽」なのです。

ただ、このマグネシウム合金は加工がとても難しいと言われています。今現在で、このマグネシウム合金が使われているスーツケースは世界で数社しかないといわれています。

通常のスーツケースが4kgに対して、サンコー鞄のスーツケースSUPER LIGHTS MGC「極軽」は、3.5kgと重さを2割もカットすることに成功したのです。

さらに、SUPER LIGHTS MGC「極軽」は軽さだけではなく、ボディ部分に六方最密充填構造をとっており、強さも持ち合わせたスーツケースです。

まさにスーツケースの軽量化に特化したサンコー鞄が誇るスーツケースがSUPER LIGHTS MGC「極軽」というわけです。

SUPER LIGHTS MGC「極軽」のハンドルには、前にご紹介した抗菌効果をプラスされているので、清潔で軽くて丈夫なスーツケースと言えることができるでしょう。

サイズは3種類
3〜4泊用、5〜7泊用、10泊用です。

サンコー鞄のSUPER LIGHTS MGC「極軽」を一度手にとってみてください。