TSAロックとは、アメリカ合衆国国土安全保障省の運輸保安庁から認定を受けた鍵のことです。

アメリカに渡航する場合、荷物検査のためスーツケースの鍵は開けて荷物を預けるというのが鉄則。安全のために鍵をしめて荷物を預けたものなら、運輸保安庁係官が必要のために鍵を壊してもいいことが認められいます。そのため、施錠したまま荷物を預けた場合、スーツケース破壊されたり内容物の盗難があったりしても損害補償は一切しなくていいという決まりがあるほどです。

その対応策として出てきたのが、TSAロックで、TSAロックは共通の鍵で開けることができるため、TSAロックのあるスーツケースであれば、施錠したまま荷物を預けれて安全だと言われていました。

しかしながら、敵もあっぱれなもので、3Dコピーなどの技術を駆使して、TSAロックの鍵が出回ることになってしまったのです。

安全対策としてできたTSAロックは、今は比較的簡単鍵が開けられる可能性が出てきており、TSAロックが付いているスーツケースが安全だという価値観が変わってきています。逆にTSAロックのついたスーツケースが狙われるという自体も出ており、危ないと言われるようになっていることも事実なのです。

何が安全なのかの概念も時代の変化とともにどんどん変わっていきますし、そのたびにアップデートしていかなくてはなりません。そう考えたときに、やはりスーツケースのような荷物を守る大切なものは特に、その時々にベストな選択のできるスーツケースレンタルが得策なのではないか?と思います。

スーツケースレンタルであれば、その時に一番安全で品質の高いスーツケースを選ぶことができますからね。

昔、安全だと言われていたTSAロックが今は不安視されています。スーツケースレンタルをするときに、TSAロックでないスーツケースを選んでみてはいかがでしょうか?

そして、自宅にあるスーツケースがどんなものなのか?チェックしてスーツケースレンタルを選択することも必要かもしれません。