スーツケースレンタルをして、そのスーツケースの鍵が開かなくなったらどうしましょう?

中のものを取り出すためには、スーツケースをとにかく開ける必要があります。

 

①ジップタイプのスーツケース

ジップ部分にボールペンのペン先をねじ込み、あとは右左に動かすことで、噛み合っているジップを開くことができます。
ただ、最近のスーツケースは防犯対策のため、クオリティが上がっており、ボールペンでジップが開かないようになっているものもあるようです。

 

②シリンダーロックキーをなくした場合

シリンダー式ロックとは、防犯対策でよく使われる鍵です。シリンダーロックのキーをなくした場合は、ピッキングの要領で鍵を開けていくしかないのですが、器用な方か、知識がある人でなくては難しいでしょう。

ヘアピンが2本あればできるそうです。

 

③ダイヤル式ロックの暗証番号を忘れてしまった

単純ですが、一つずつ順番に合わせていきましょう!10分ほどで全ての番号を試せるはずです。

 

 

スーツケースの鍵が開かなくなった場合の対処法を3つご紹介しましたが、日本にいる場合は鍵専門の場所にもっていくのが1番有効だと思います。お金はかかりますが早く対応できるでしょう。しかし海外にいる場合は、対応方法が見つからず、スーツケースを破損させるしか仕方ない場合も出てくるでしょう。

スーツケースの修理代をいくら弁償させられるのか?不安で仕方ないですよね。せっかくの旅行が、荷物を取り出せない不安や、修理代のことで台無しです。

自分のスーツケースならまだしも、スーツケースレンタルをしたものであれば、後の処理がストレスの原因になるでしょう。

ですが考えてみれば、スーツケースレンタルの時点でかなり安くスーツケースを手に入れることができており、多少の弁償を支払ったところで、トータルは必ず安く済んでいるはずです。

さらに、スーツケースレンタルでは、破損に対する保障もあります。旅行先でのトラブルにどこまで対応してくれるのスーツケースレンタルなのかを必ず確認し、スーツケースレンタルを行うことをお勧めいたします。

スーツケースレンタルは、コストパフォーマンスや、保管スペースを考えるととても便利なサービスです。よく調べて、安全に借りられるスーツケースレンタルで旅のお供を探しましょう。