近頃、台風や地震など天災がとても多くなりました。旅行を決めていても、飛行機が飛ばなくなったから行けなくなったり、逆に旅行先から帰れなくなってしまった方も多いのではないでしょうか。

これからもそういったことがないとも限らず、旅行が予定通りに行って帰れること自体が幸せなことだと感じるようになるかもしれません。

旅程が変わると困ることがもう一つあります。それはスーツケースレンタルです。もちろんスーツケースレンタルを行っていない人は、心配のいらない話なのですが、スーツケースレンタルを行おうとしている人にとっては、とても心配なポイントではないでしょうか?

スーツケースが返却日を守れない理由には、本人が返却日を守らないという以外にも、航空会社の過失によるロストバゲージや、悪天候などによる飛行機の遅延などレンタル利用者に全く落ち度がないケースもあります。

何社かスーツケースレンタルの業者を調べたところ、スーツケースレンタル利用者に過失がない場合でも、スーツケースを返却日に返却できなかった場合、延滞料金が通常通り発生する場合が多いようです。

スーツケースを返却できなければ、後の利用者にもさしつかえますから、スーツケースレンタル業社としてはやむを得ないのでしょう。

スーツケースレンタルの場合、旅行などでセットになっている保険等の対象にもならないことが多いようで、やはり延滞料金を支払う事は免れない場合が多いようですね。理不尽というか、不運というほかにありません。

ただ、ロストバゲージについては、航空会社に責任を取ってもらえるパターンもあるようなので、航空会社の過失によってスーツケースレンタルで延滞金が発生しそうな場合は、しつこく問い詰めていくのもいいかもしれません。

値段と使う労力がみあうかどうかはわかりませんが、やってみる価値はありそうです。

この記事が役に立たないことを祈ります!