スーツケースのレンタル料金は、レンタル専門の会社よりも、スーツケースメーカーの方が安い傾向にあります。レンタル専門の会社はメーカーからスーツケースを購入して、それをレンタルしています。しかしスーツケースメーカーであれば、スーツケースの仕入れに経費がかかりません。仕入れ値がかからないために、レンタル料金をギリギリのところまで下げても儲けが出るということになります。これもサンコーレンタルのスーツケースレンタルの一つの強みです。

 

また、サンコーレンタルのようなメーカー直営だと、スーツケースの仕入れに経費がかからないために、スーツケースの入れ替えが頻繁に行われていることも予想されます。年季の入ったスーツケースの表面を磨いてレンタルしている会社よりも、ある程度のところで新品のスーツケースと入れ替えられるサンコーレンタルでは、後者の方が魅力的だと言えます。

 

安い上に程度が良いスーツケースが当たりやすい、そうなると普通のレンタル会社には勝ち目がないように思いがちですが、あながちそんなこともありません。

サンコーレンタルのようなメーカー直営のレンタル会社と違って、レンタル専門でやっているところは色々なメーカーのスーツケースを取り扱っています。リモワやサムソナイトなど、大きさやデザインなど、自分の好きなスーツケースを選ぶことができます。

 

その点メーカー直営のレンタル会社の場合だと、そのメーカーのスーツケースしか選ぶことができません。サンコーレンタルであれば、サンコー鞄のスーツケースの中から用途にあったスーツケースを選ぶかたちになります。とは言えサンコー鞄はスーツケースの専門メーカーになるので、スーツケースの性能自体には問題はありません。スーツケースのデザインやブランドにこだわりがあるなら、サンコーレンタルではなく、レンタル専門の会社を選ぶ方が良いかもしれません。

 

なお、スーツケースレンタル専門の会社で有名な会社には、DMMやR&Yがあります。いろいろなメーカーのスーツケースを揃えているので、品揃えで言えば当然サンコーレンタルよりも多くなります。

サンコーレンタルのようなメーカーが運営するところが良いのか、スーツケースレンタルだけをやっているところが良いのか、ご自身のスタイルやスーツケースの使い道によって、慎重に考えるようにしましょう。